医療について

0
    JUGEMテーマ:こころ
     
    熱が出たら解熱剤で下げます。

    血圧が高かったら降圧剤を飲み続けます。

    血糖値が高かったら血糖値を下げる薬を飲みます。

    高血圧症、糖尿病、それぞれは病気です。

    しかしこれで良いのでしょうか?

    熱が出るのは何故でしょう?

    身体を痛めつけるために発熱するのでしょうか?

    血圧が高くなったり血糖値が上がったりするのは何故でしょう?

    これらは症状であって、病気と呼べるのでしょうか。

    免疫力が自身の身体を修復しようとしているあらわれであると考えます。

    それぞれの症状には意味があり、薬によって、治そうとする免疫の邪魔をしているのではないでしょうか。

    確かに一時的に辛い症状を緩和させることは必要な時もあるのだろうと思います。

    しかし慢性的な服用はどうでしょうか。

    実際は、最近の医療は、原因を探して根本的な治療に目が向けられていますが、それでも『治った』と言う方は見受けません。

    身体から出る症状に対して、なにか、体内のウィルスや悪性の何かが『悪さ』をしているという認識がされているのではないでしょうか。

    そのためにその『悪さ』=症状を取り除かなければならないのだと感じるのでしょう。

    全く逆であると考えられます。

    身体が闘っているのだと考えます。

    ケガによる外科や救急医療は必要なものであると思いますが、内科や精神科については良く調べて慎重にかかる必要がありそうです。

    完治しない高血圧症や糖尿病の薬をいったいどれだけの人々が服用しているでしょう。

    それらに保険が適用されて、財政を圧迫しているなんて、なにか裏があるのではないかと勘繰られても不思議で無いほど、普通に考えて疑問がわきます。

    簡単に長い物に巻かれてぶらさっがてはなりません。

    自分で考え判断し行動しましょう。

    良く調べもせずに一つの情報だけで真実を誤認する方がたくさんいます。

    鳥のヒナは最初に見たものを親だと思うとか。

    人間はもっと強かで賢くあるべきです。

    そして人体の不思議な力、回復力、生きる力をもっと見つめてみましょう。

    人体の持つ力は、とても素晴らしいのだと理解できるはずです。






    動体視力を鍛えるメガネ








    関連する記事
    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>









    ご利用にあたって

    当ブログは無料にて閲覧できます。 当ブログ内の記事および記事の一部を無断で転載する事をお断りします。 然るべき理由により転載を希望される方はコメント欄において、本名と記載理由、記載先、連絡先を明記ください。 当ブログコメント欄は承認制になっており、一般の方に直ちに閲覧されることはありません。 既にご挨拶戴いていらっしゃる方はそのままで結構ですが、無断で転用されている方や一部抜粋により筆者の意図と異なる印象を持たれる可能性のある引用については直ちに削除をお願いします。

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM