行きつくところ

0
    JUGEMテーマ:こころ
     
    震災後、たくさんの方が福島を心配して、県外からお越しになられます。

    とてもありがたい事に、さまざまなジャンルの活動をされている方と知り合う毎日が続いています。

    震災前は到底知る由もなかった情報や学問がドンドン入ってきます。

    目の前を通る物には出来るだけ興味を持って接しようという性格上、非常に興味深い、学びの日々です。

    4年経って、それぞれがそれなりに突き詰められてきています。

    正確に言えば、私ごときが極められることなど存在しないのですが、ぼんやりと見えてきていることが出てきました。

    それは「こころ」です。

    ここに来て、きれいごとの感情論でイメージアップを図ろうということではありません。

    言い方を変えると『思い込み』こそ、人間の持つ力であるという事です。

    あらゆるジャンルにおいて、その道を極めるために努めていらっしゃる方々にお会いできます。

    彼らの口から出る言葉において共通の内容は、この『思い込み』『信じる心』にたどり着きます。

    個人的に現在興味を持っている『不食』でさえ、『思い込み』が重要なカギを握っています。

    ここまでの話では何のことやらわからないかもしれませんね。

    解る方はすごいと思います。

    例を上げます。

    薬の新薬の優位性を調べるために二重盲検試験という実験が行われます。

    一つは新薬、もう一つは生理食塩水などが使われます。

    2グループに被験者たちをわけて、新薬投与のグループと生理食塩水投与のグループにわけてしばらく様子を見ると言うものです。

    そのとき、生理食塩水投与のグループから症状の改善がみられることがあります。

    これをプラシボ効果と呼びます。

    つまり、効果がある薬を投与されたと思い込んで、病気の症状が改善されてしまうのです。

    これこそ人間の最高の治癒力です。

    さまざまな民間療法でこのプラシボ効果と思われる成果が出ています。

    しかし、それら民間療法傾倒者にプラシボ効果の可能性を説くと、火が付いたように叱られますww

    人が思い込むと言うことは大変難しい事だとおもいます。

    だから、その民間療法によって思い込ませ、治癒に結びつけることが出来たなら、素晴らしい事だと思うのですが、どうしてもプラシボ効果では嫌なようです。

    治癒するなら何でもよいと思うのですが。

    話が逸れましたが、そのように人間の素晴らしい力が存在するという事です。

    そしてそれらは、軽くみられている傾向にあります。

    恐らく、言葉の印象の問題があるのでしょう。

    具合が悪いとき、他人に不調が伝わらず『気のせいでしょ?』と言われたなら、ほとんどの方は不快に思うでしょう。

    もちろん言った方も深く考えずに言っていると思います。

    しかしながら恐ろしい事に図星だという事です。

    『気』のせいなのです。

    気功等の方面から見ると、気の流れが滞る事によって、気が病になるとのこと。

    気が病む=病気という事です。

    言葉遊びかもしれませんが、文字の語源とは、古の先人たちの知恵の集大成です。

    先人たちは病気の源をすでに理解していたのかもしれません。

    時代と共に対処療法で金儲けが出来る事を知った人間たちが、病気の根源からドンドン離していったに違いありません。

    食への意識を高め、出来るだけ毒物を摂取しないようにしつつ、強い心を鍛える事。

    一日一食で十分である事を知る事。

    だと思います。

    一日一食なら単純に毒の摂取量が3分の1になります。

    栄養が気になりますか?

    では世の中にタダの一人でも、理想的な食の栄養バランスをこなせている方は存在するのでしょうか?

    一日に必要とされているビタミン、ミネラルを補給するために、どれほど飽食しなければならないでしょうか?

    普通に考えれば、必要ない事がわかります。

    そういう仕組みでない事が想像でき来ます。

    全てをフラットに、専門家が何と言おうと『解っていない事』なのだという事実を知る必要があります。

    事実と異なっている事がとてつもなく多いのだということです。

    人間など何も知らないのだという謙虚さのもと、すべてをゼロから謙虚に普通に考えてみるのが良いと思われます。

    先入観=思い込み

    病気になる事さえ、自分の思い込みと食からの毒摂取に過ぎないのではないでしょうか。













    関連する記事
    コメント
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2015/07/14 9:22 AM
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << July 2017 >>









    ご利用にあたって

    当ブログは無料にて閲覧できます。 当ブログ内の記事および記事の一部を無断で転載する事をお断りします。 然るべき理由により転載を希望される方はコメント欄において、本名と記載理由、記載先、連絡先を明記ください。 当ブログコメント欄は承認制になっており、一般の方に直ちに閲覧されることはありません。 既にご挨拶戴いていらっしゃる方はそのままで結構ですが、無断で転用されている方や一部抜粋により筆者の意図と異なる印象を持たれる可能性のある引用については直ちに削除をお願いします。

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM